昭和インターナショナルホーム > 買取と仲介の違い

買取と仲介の違い

不動産であるマンションや戸建て、土地を売却するには「買取」と「仲介」という2つの方法があります。
「買取」は不動産会社が物件の売却をご希望されているお客様から直接購入することをいい、「仲介」は売却をご希望されているお客様と
購入をご希望されているお客様を結び付け、売買取引をすることをいいます。
どちらとも不動産会社に関わることになりますが、買取と仲介では良い点や悪い点などが異なるので、よく比較し自分の考えにあう方法で取引をしましょう。

買取の場合

仲介の場合

メリット

  • 仲介手数料がかかりません
  • 購入物件が解約になってしまうリスクの心配がありません
  • 安心でスムーズなお取引が可能です
  • 引渡後のクレームがくることはありません
  • すぐに現金化が出来ます

デメリット

  • 仲介よりも査定額が低くなる
物件購入者 昭和インターナショナル株式会社
仲介手数料 発生しない
売却期間

メリット

  • 買取よりも高値で売却することが可能
  • 売却不動産に住みながら、売却をすることが可能です
  • 販売スケジュールをゆっくり考えることが可能
  • さまざまな意見や感想を聞くことが出来る

デメリット

  • 購入希望者がいつ現れるかわからないため、場合によっては売却まで長期間かかることがあります。
  • 住居中に内覧等が発生します。
  • 所有中は庭の手入れや建物の維持管理費(固定資産税 など)も必要になります
物件購入者 一般のお客様
仲介手数料 発生する
売却期間 購入希望者が見つかり次第

以上の比較をみてみると、仲介よりも買取の方がメリットがあるように思われるかもしれません。しかし仲介ですすめると買取での売却よりも高値で売れる可能性があります。
今一度お客様のご希望している条件にあう売却方法はどれなのか検討しましょう。

お問い合わせはこちらまで

ページのトップへ