カタログ請求はこちら カタログ請求 相談予約はこちら 相談予約

兵庫・大阪・岡山を中心とした新築一戸建て・注文住宅・分譲マンションなどの住まい情報|昭和住宅株式会社

地震に備えた家づくり

阪神・淡路大震災、東日本大震災と日本では大きな自然災害に直面してきました。突然起こる大震災や繰り返す余震から家族や家を守るため、「楽創」では「耐震」+「制震」を取り入れ、地震に備えた強い家づくりを行っています。

大きな地震から、未来を守る
「耐震」+「制震」のダブル安心構造

構造から、大地震に負けない、安心して長く住み続けられる住まいを創ります。

※分譲地・仕様によりオプションとなる場合がございます。

耐震構造「木造軸組構造」
  

耐震等級3の『最高等級』を取得した住まい

耐震等級とは、2000年に定められた「住宅の品質確保の促進などに関する法律」に基づく、「住宅性能表示制度」における耐震性能等級を表しています。耐震性能は1~3の等級で表示されており、「耐震等級1」が数百年に一度程度発生する地震に倒壊、崩壊しない新耐震基準を満たすレベルで、「耐震等級2」は等級1の1.25倍の耐震性を、「耐震等級3」は等級1の1.5倍の耐震性を持つことを示します。

強度に優れた桧集成材の土台

土台には、JAS基準に基づき厳格な品質管理をされた桧集成材を使用。集成材は天然木の良質な部分だけを使用し、製造段階で十分に乾燥させているので、反りや変形が生じにくく、均質な強度を実現しています。

柱・土台・梁の接合部も金物で締結

柱や筋交いが揺れで引き抜かれないように堅結しています。ホールダウン金物は地震時などに柱が土台や梁から抜けるのを防ぐ役割をし、筋交いBOX金物は土台・柱・筋交いの3点で耐力壁をがっちり固めます。

耐震+制震「X-WALL(エクスウォール)」
  

地震対策に必要な3つの性能を備える
オールインワン耐力壁

国土交通大臣認定 耐力壁「エクスウォール」を導入。地震対策に求められる建物の要件は耐力としての強さ(耐震)、変形に対する粘り強さ(復元力)、振動エネルギーを吸収する能力(制震)が重要です。耐震・復元力・制震の3つの優れた性能でより安心・安全な住まいづくりを実現します。

※壁倍率とは、建築基準法で定められた耐力壁の強さを表した数値。耐力壁の仕様によって数値は異なり、壁倍率5が上限値です。構造用耐力壁パネルと併用の場合、壁倍率は異なります。

振動を受けた場合

地震時「固さ」だけでは受ける衝撃が大きくなり、壊れる可能性が高くなります。X-WALLは振動時復元力間柱がしなやかに「粘り強さ」を発揮。衝撃をしなやかに受け止めます。

※分譲地・仕様によりオプションとなる場合がございます。

強い家づくりは基礎から

高耐久ベタ基礎

軟化地盤等に使用されるベタ基礎工法を標準で採用。布基礎工法に比べて、BOX型の構造となる為、より強固な基礎耐力を確保出来ます。

建物の基礎部分を構成する鉄筋の配筋を組んだ後、基礎の背筋が配置されている位置、使用されている鉄筋の仕様、鉄筋と鉄筋の間隔などの検査も行います。

ロング基礎パッキン工法

ベタ基礎が完成すると次に、基礎と土台の間に隙間を設けて床下の喚起をうながすために基礎パッキンを設置していきます。基礎耐力上もっとも厄介な従来型の喚起口(断面欠損による弱点)を必要としないので、基礎形状はシンプルで、合理的な配筋施工が図れます。構造上重要な上端筋が喚起口で切断されることなく基礎の耐力の安定・向上が図れます。

TEL

会社ロゴ