写真

■ 弟様の紹介で昭和住宅に…

2人のお子様も大きくなり、もとの住まいが手狭に感じるようになったころ、ご主人様の実家からすぐ近くの場所に条件のいい土地が売りに出たそうで、「親のすすめもあって、前の家を売って住み替えようか…ということにしました」というN様。
 昭和住宅との仲をとりもたれたのは、同じく昭和住宅さんでマイホームを建てられた、加古川にお住まいの弟様。「大手のメーカーさんに比べると価格も良心的でしたし対応も丁寧。何より営業の田中裕一さんの人柄が良かったので」と、印象を語ってくださいました。

写真
写真
写真
写真

■ 住まいづくりの主役は奥様?

家にいる時間も長く、家事をなさるのも奥様だからということで、打ち合わせはほとんど奥様が。
N様の住まいづくりの“主役”は奥様だったようですが、「私にも主人にも、細かいところまで具体的なイメージがあったわけではなかったので、部屋の数は1人に1部屋とか、リビングは南向きで明るく、和室をつくるなら6帖で…など、基本的な条件を伝えて、まずは一度プランを起こしてもらいました」とのこと。

写真
写真

まず、最初のプランができ上がってきてからが打ち合わせ本番、営業の田中さんや設計の入江さんらのアドバイスをもらいながら、プランの修正は結構回を重ねたそうです。そんな奥様が一番悩んだのがキッチンだそうで、「向きをどうするか、食器棚はどうしよう、吊り戸棚はなくして開放的に…とか、かなり考えました」とか。
 片付け上手で普段からあまり散らかすことをしないという奥様は、シューズインクロゼットやホール収納はもちろん、洗面所にも大きめのリネン収納を設け、普段あまり使わないものや大きなものを仕舞っておける小屋裏収納や納戸も作るなど、収納スペースもしっかり工夫。それでも、それぞれのお部屋は6帖以上の広さを確保され、使いやすさと快適さを両立されたバランス感覚は見事です。

写真
写真
写真

■ 思いついたことはすぐに連絡

グレーを基調にした外観デザインを決められたのはご主人様だそうで、奥様は内装を担当?「和っぽい色が好きなので」と、茶系の落ち着いた色をベースにセンス良くコーディネート。リビングの天井を高くして化粧梁を見せるようにされているのですが、梁の色も建具と合わせてシックにまとめられています。
太陽光発電も採用され、高気密の吹き付け断熱材を厚めにされるなど省エネにも配慮。
「とにかく時間に関係なく思いついたことがあれば、夜遅くてもすぐに田中さんに連絡をしていました。どんなときでも気持ちよく対応してくださったので申し訳なかったと思っているくらいです」とか。「業者を決めるときって、いろんな要素があると思いますが、結局は人を見るっていうか…。そう思うとやっぱり田中さんの人柄で決めたようなものですね」と、最高の一言をいただきました。

写真
写真
写真
写真

TOPへ