写真

■ しっかり見て、納得して買えたから 私たちには建売が正解でした。

ゆったりとした敷地に広々とした居住スペース。暮らし始めてからの印象を尋ねたところ「広いな~…」と笑顔で。収納や省エネにも工夫された、機能的で高性能な住まいを拝見させていただきました。

写真
写真
写真
写真

■ 昭和住宅の営業マンは実は…

A様邸を担当された昭和住宅の営業マンは田中裕一さん…。実はこの田中さんはA様とは小、中学校が同じで、中学時代のサッカーチームの先輩にあたるんだとか。 「姉が住宅展示場を見学するというので、ちょっと着いて行ってみたんです…」というような感覚で、加古川の総合展示場を訪問されたA様。当然、昭和住宅の展示場も見学されたそうで、そこで「営業の田中さんが中学の先輩だって伝えたんです。そうしたら田中さんが速攻で来て下さって…」と、住まい探しが始まったきっかけを教えて下さいました。何気ないところからのスタートでしたが、そこからは話が早かったそうです。  

写真
写真

■ 実際の家をしっかり見て買えるから建売に

もともと、フリープランであれこれ考えて住まいづくりをするようなタイプじゃなかったので…と振り返られるA様ご夫婦。それなら…と、建売になっているモデルハウスを案内してもらったそうです。 「自転車で通勤できるところがよかったので今の団地を見せてもらったんです。当時は建売が3棟あったのですが、間取りなどを見比べてすぐに決めました。キッチンからまっすぐ見渡せるリビングは広くて、和室もある。1階の間取りに一目惚れしてしまいました」とご主人様。たくさんある収納も使いやすく奥様にとっても申し分はないようで、「しいて言うなら前に住んでいたマンションがIHだったので、最初の頃ちょっとの期間だけですがキッチンのガスコンロに戸惑ったくらいかな…。でも、慣れてしまえばガスコンロはとっても使いやすいですね」とか。      

写真
写真
写真

通勤に便利なだけではなく、大きな公園や小学校、小児科の病院が近くにあるなど、お子様のことを考えてもご家族にとって、理想的な立地だったようで、「とにかく全てを見てから納得して買えたので、私たちにとっては建売っていう選択がピッタリあっていたのだと思います」とのこと。 暮らし始めてからの印象をうかがったところ、「広いお風呂が最高!家に来てくれた友達みんなにお風呂に入ってから帰れと言っているくらいです」とご主人様。「間取りも気に入っていますし、何かを不便だと思ったこともない。毎日が快適ですよ」と声をそろえてくださいました。      

写真
写真
写真

■ 奥様のお友達にも昭和住宅を紹介

「不動産とか家に限ったことじゃないですけど、何かを買うときってやっぱり営業マンの人柄とかに左右されるじゃないですか」とA様。実は、奥様がマイホームを検討中のお友達を昭和住宅に紹介されたそうで、「知り合いだから話しやすかったのかもしれませんが、案内してもらったときの説明はとても丁寧で分かりやすかったですし、対応も良かった。この人なら安心だ、紹介しても大丈夫だと思えたので」と、素敵なエピソードを笑顔で語ってくださいました。

写真
写真
写真
写真
写真
写真

TOPへ