写真

■ 「白と黒を基調にしてシンプルに」 理想の家が建って大満足です。

I様のマイホームは室内のどこにいても、明るく開放感の感じられる住まい。実は他にもいろいろな工夫がされているそうで、「妥協をせず、こだわりや希望をどんどん伝えたのがよかったと思います」とのこと。

写真
写真
写真
写真

■ 土地探しから昭和住宅さんに

結婚を機にマイホームを…と考えられたI様ご夫婦が頼られたのは、昭和住宅営業マンの田中裕一さん。2人とも神戸に職場があるので、JRの駅に近い土地を希望。それにご主人様の実家に近い場所という条件も加味して、土地探しから依頼されたそうです。 「自社の分譲地以外の提案もしていただき、条件にピッタリ合った土地を見つけてもらいました」とI様。  

写真
写真

■ 一番大事にしたのは明るさと開放感

「いつも明るい家に帰ってきたくて」と、明るい笑顔の奥様。「それを伝えると、吹き抜けや横長の窓を設計の前川さんが提案してくださいました。おかげでとても明るいです。いろいろ無理も言ったと思うのですが、こうしたいと投げかけた言葉を良い方向に広げてくださり、逆におかしくなるときもハッキリ言ってくださったので助かりました」とか。 大きな窓から光がたっぷりふりそそぐリビングは、壁紙や家具を白で統一したことでさらに明るい印象に。和室もリビングとの一体感を出すために天井や畳の色を洋室と合わせ、建具も高めにしてより開放感を出したそう。      

写真
写真
写真

■ 暮らしやすさを追求したこだわりの数々

ご主人様がこだわられたのは、大きな鏡が印象的なゆったりワイドサイズの洗面所。「朝の身支度は時間が重なって慌ただしいので、これなら家族が同時に動けると思って」とのこと。洗面台の下にズラリとならんだ引き出しには、頻繁に使うタオルや下着をスッキリと収納。洗濯機の上のデッドスペースにも一時置きに便利な棚を設け、2方向からの入り口はスムーズな動線に一役買っています。 また、濃い青が落ち着きを醸し出すバスルームは洗い場を広めに。「これも田中さんの提案なんです。子どもが生まれたら広いほうがいいよって。…お子さんがいるからこそのアドバイスだったので感心しました」と奥様。

写真
写真
写真

■ 理想の我が家をつくるために

「妥協しないでこだわりを追求すること。建築中も現場に足を運んで、気になることがあれば伝えてみるのが大切」と実感されたという奥様。また、相談も大切だと思われたそうで「例えば壁紙。デザイナーの山本さんは『こういう時はこの壁紙』というのが分かっておられたと思います。的確なアドバイスをくださったので、本当に助かりました。 

写真
写真
写真
写真
写真
写真

モデルハウスはできるだけ行くべきだと思います。役立つヒントがたくさんありますから。その点、田中さんはフットワークも軽く、私たちが希望を伝えると、実際にモデルハウスやショールームで確かめては?とすぐ手配してくださいました」。新しいモデルハウスができたとなれば紹介してくださったそうで、最後に一言「とにかく本当に満足しています」とI様。住まいづくりの先輩からのアドバイスをぜひ参考になさってください。

写真
写真

TOPへ