写真

■ こだわったのは、家族の笑顔が集まるLDK。 やはり家族団らんが一番です!

昭和住宅さんとの2人3脚で完成した理想のマイホーム。「住みやすくて最高!家づくりのコツですか?奥さんの言うことを聞いていればだいたい成功します(笑)」とはご主人様の談。

写真
写真
写真
写真

■ 昭和住宅との出会い

社宅が手狭になってきて、2人目のことも考えるとマイホームが必要だと考えたK様ご夫婦。 様々なモデルハウスを見学に行くうちに「見たら余計にほしくなってしまって(笑)」と奥様。いろいろとまわる中で昭和住宅の営業・岩田さんに出会い、親切で丁寧な対応を見て「家づくりを任せたい」と思い決めたとのこと。土地も岩田さんの紹介して頂いたところで決めました。奥様のご実家へのアクセスも考え、勤務地は少しだけ遠くなったものの、学校やスーパーも近くて生活にはとても便利です。何より東南の角地ということが決め手でした。「交通の便も考えバイパスの近くの土地を購入しましたが、住んでみると意外と静か。全く音は気になりません」とのこと。  

写真
写真

■ 家族団らんの場所、リビングは広く

白を基調とした明るいLDKは、奥様がチョイスした可愛らしいウォールステッカーがアクセントに。キッチンから全て見渡せるレイアウトで、お子様の遊ぶ様子がどこにいてもよく見えるのがメリット。 家族が集う場所だから、リビングはできるだけ広くしたいというご夫婦共通の希望を叶えたのは設計の高橋さんで「通路を減らす提案をしてくださいました」とのこと。「今のところほとんど娘の遊び場になってますけど、滑り台を置いても広いし、いつも走り回って嬉しそうですよ」とご主人様。     

写真
写真
写真

■ 家族のことをしっかり考えた提案に感謝

「私は布団を毎日でも干したい方なので、端から端までバルコニー!というのが理想でした」という奥様。寝室の前だけでも約6帖分と広く、奥行きがあって洗濯物も干しやすいとか。実は、バルコニーと寝室は、東南の角を希望されていたそうですが、ご主人様の仕事のサイクルや、公園の位置を併せて考え、設計の高橋さんが今の間取りを提案してくれたそう。「実は初め、この設計さん若いけど大丈夫かな?と思ってました(笑)でも私たちの要望に対して的確に提案してくれるのを見て、今では高橋さんで本当に良かったと思っています」とのこと。

写真
写真
写真

■ 提案に助けられたり、優しさに甘えたり

「私は優柔不断なので、色の組み合わせとか決められなくて。コーディネーターの方が、壁の色と合うクロスや、外観との統一感を提案してくれたのでとても決めやすかったです」と奥様。営業の岩田さんは家が完成してからも、困ったことがあればすぐに駆けつけてくれるそうで「いろいろ頼んで申し訳ないぐらいです。すごくフットワークが軽くて、岩田さんに頼んで本当によかったです」とのこと。 

写真
写真
写真

これから家づくりをする方へのアドバイスを伺うと「僕がこだわったのはカーポートと門柱ぐらい。家のことは女の人に任せておいた方がうまくいきますね(笑)」とご主人様が茶目っ気たっぷりに答えながら、最後には「LDKは家族が集う大事な場所。それは子どもが成長しても変わらないものだと思います」と、名言で締めくくってくださいました。  

写真
写真

TOPへ