写真

■ 高級マンションの仕様にヒントを得た、お気に入りの内装。キーワードは“石と光”

大理石調のタイルや間接照明など、シックで高級感のある内装と、存在感のある光の使い方がオシャレなY様邸。ご主人様のこだわりと、奥様の理想がたくさん詰まったマイホームです。

写真
写真
写真
写真

■ きっかけは、新人営業・矢田さんの熱意

「播磨町のハイツに住んでいる時、営業の矢田さんが御挨拶回りでうちに来られたんです。それまで家のことは全く考えていなかったんですが、熱心に話をしてくださるのを聞いてるうちにマイホームもいいなぁと思うようになって」とご主人様。その隣で奥様は「私は、子どもが小学校に入学するまでには、と考えていましたけど…」と微笑んでおられました。 土地はご主人様のご実家の田んぼを農地転用されたそうで「手続きがいろいろと難しく、営業さんにはよく相談に乗ってもらいました」とのこと。  

写真
写真

■ 建設業に携わるご主人のこだわりが随所に

建設業という仕事柄、建築材料などには詳しいご主人様。高級マンションの仕様などをヒントに、様々なところにこだわられたそうです。実際、Y様からは設計を担当した高橋さんが「勉強になりました!」と振り返られるような新しい提案もあったそうです。 「ただ、細部のイメージはあっても設計は詳しくないので、高橋さんにはこれを使いたい、こうしたいという要望だけを伝えました。あとはお任せでしたが予想以上の仕上がりです」とご主人様。玄関の玉砂利や大理石調のタイル、間接照明や窓からの効果的な光の演出など、こだわりが見事に表現できた内装に「タイルは夜になると艶が出ていい感じ。行き着くところは“石と光”ですね」とご満悦。 また、ご主人様はコンクリートの打ちっ放しの雰囲気も好きなんだそうで、コーディネーターの長谷川さんに探してもらったコンクリート調のオシャレなクロスを寝室の壁のアクセントとして使用。イメージ通りの出来栄えにここでも「満足です!」と、大きな笑顔で答えてくださいました。      

写真
写真
写真

■ お子様のことも考えた奥様の希望

来年1年生になるお兄ちゃんと6ヶ月の弟くん、2人の男の子を子育て中のY様。「勝手口から子どもが泥だらけで帰ってきても、洗面所に直行できるのが理想だったんです」と、奥様はまず第一に水廻りのスムーズな動線を希望されました。遊び盛りのお子様のあるご家庭らしい工夫です。 「実際に暮らしてみるとタイルで統一した水廻りの壁は掃除もしやすく大正解。大きな収納も使いやすいですね。それと、和室にも重宝しています」とのこと。お話しをうかがっている間にも、畳の上で弟Kくんのオムツを交換されていました。   

写真
写真
写真

■ 営業さんの人柄も好印象

Y様邸は新人の矢田さんを経験豊富の山本さんがサポートするように、2人1組で担当。打ち合わせを重ねるうちに、兄のKくんは矢田さんとすっかり仲良しになったそうで、「矢田君って呼んだりするし、友達やと思ってるみたい。よく遊んでもらったよね」とY様。Kくんは「このお家も、矢田君も大好きや」とニコニコ顔でした。  

写真
写真
写真
写真
写真

TOPへ