写真

■イメージ通りの家と『運命の出会い』

マイホームの夢を早くから持っていらした奥様は、家族で住宅展示場めぐりをするのが楽しみでした。
そんなある日、訪れた展示場で巡り合ったのが昭和住宅のモデルハウス「フィーカ」。 漆喰の白壁にレンガや無垢材のブラウンの色がよく映えて、カフェのようにナチュラルな雰囲気は、ご自身が描いていた理想の家のイメージにぴったりだったそうです。 ご主人様もエクステリア関係のお仕事をされており、DIYはお手のもの。ご夫婦ともに雑貨が好きでインテリアにも高い関心をお持ちだっただけに、好きなものに囲まれて暮らす自分スタイル「フィーカ」のコンセプトに強く共感されました。

写真

土地を探し始めてまもなく、気に入ったのが現在の分譲地だそうですが、JRの駅、小学校や幼稚園にも近く、スーパーやホームセンターなどショッピング施設も近隣に充実しています。それでいて周りは閑静な住宅街なので、静かで落ち着いた環境は子育てにも適していると、ご夫婦の意見がそろってこの土地に決められたそうです。

写真
写真

■アイデア満載のお宅拝見で開眼!

家づくりは、基本仕様はフィーカをベースに、ご夫婦の要望やアイデアをプラスする形で進みました。
照明器具や雑貨などはネット通販を駆使して取り寄せ、自分たちが手を加えられるところはどんどん参加されるなど、受身ではなく積極的に関わって、家づくりそのものを楽しまれました。

写真
写真

そんな中、営業担当である伊藤さんの紹介で訪れたのが岡山県倉敷市にある1軒の邸宅。「モデルハウスとは違い、実際に暮らしてらっしゃるお宅の中を拝見させてもらい、大変参考になりました」とご夫婦は口を揃えます。巾木と呼ばれる壁と床の間を仕切る部材をなくして部屋全体の印象をすっきり見せるアイデアを教えていただいたそうで、さっそく取り入れることに。さらに2階トイレにも漆喰を、というアドバイスを受けてこれも採用。2階の3部屋の室内以外は、外壁、内壁ともにスイス漆喰(カルクウォール)を塗り、入居してから9ヶ月経った今も脱臭&調湿効果を実感されています。

写真
写真
写真

■ぜひマネしたい!驚きの収納スペース

完成した住まいは、対面キッチンからダイニング、リビング、和室がひと続きになった開放的な空間に。テレビの後ろの壁に扉を設け、階段下の空きスペースに季節家電を収納するアイデアは、なんと奥様が考案したスペース活用法だそうで、リビングの腰掛にもなる琉球畳の小上がりの下には子供用品を収納。小さなお子様が2人もいらっしゃるご家庭とは思えないほど、すっきり広々としたLDKになっています。
また、2階の廊下にパソコンが置けるカウンターを造作し、書籍の収納ボックスを配置しました。奥様は「セカンドリビング的に使えたらいいな、と思って作りました」と笑顔で。外構では、ご主人様自ら芝生を張り、木製の柵を作るなど職人技を存分に発揮。家の印象がさらに優しく、温かくなったようです。 新居を構えてから家族がもう一人増え、ますます笑顔が増えたM様ファミリー。こだわりがつまった邸宅は、ご家族の暮らしを楽しく彩ってくれそうです

写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真

TOPへ