写真

■「日本で一番大きなサイズ」が目白押し

門扉から玄関までのアプローチがとても広々とした造りで、ラグジュアリーな雰囲気を漂わせるI様邸。86坪の土地に、ゆったりと建てられています。

写真

6帖ほどもある玄関の正面にはガラスが一面にはめられていて、まるでホテルのよう。まだ外構などは完成していないのですが、将来ガラスの向こうは坪庭になる予定です。
玄関から29帖のLDKへと続くドアは高さが2メートル60センチもあり、「こんなに大きなドアを作っているところは1社しかない」という商品。

写真
写真
写真


そのドアを抜けると、超大型の対面キッチンが目に入ります。「いま販売している中で横幅が一番大きなサイズ」ですが、リビングが広いため圧迫感はありません。さらにはバスルームの洗面台も大人3人が横並びで使えるくらいのビッグサイズで、一般家庭ではそうそうお目にかかれない製品です。

写真
写真



■土地が広かったから、建物も大きく

ご家族に日本人離れした体格の方はいらっしゃらないのに、なぜこれほど「日本で一番大きなサイズ」が揃っているのかお聞きすると、こんな答えが返ってきました。
そもそも土地探しの時に、ご主人様の地元を離れたくなくて狭いエリアで検討されていたため、候補地が3つしかありませんでした。その中から消去法で選んだこの土地がたまたま広かったので、そこに建てる家が大きくなり、せっかく広いのだから・・・というふうにすべてが大きくなっていったそうです。「洗面台は大きい方が使い勝手が良いから」とご主人様。お料理好きの奥様は、以前から大きなキッチンに憧れていらっしゃいました。

写真
写真

全て大きく・・・となると、費用面が気になるところですが「もちろん抑えれるところは抑えて、合計額が変わらないように相談しながら設計してもらいました」とのことでした。ご家族にとっての優先順位がしっかり決まっていれば、いくらでも工夫できるのが注文住宅の良さです。



写真
写真

■断捨離でインテリア雑誌のような暮らし

吹き抜けになっているリビングには、なんと床から高い天井まで壁一面にエコカラットが貼られています。エコカラットは湿度調節や匂いを軽減する効果のある内壁材で、デザインも豊富なため人気がありますが、クロスなどの壁材に比べると高価なので部分使いや面積を少なくして施工することが多い素材。I様邸ではリビングだけでなく、玄関やトイレにも採用されています。



写真
写真
写真



2階には12帖の主寝室にウォークインクロゼット、2人のまだ幼いお子様それぞれの部屋と納戸がありますが、どこもかしこもインテリア雑誌から抜け出したように片付いていて、びっくりするほどスッキリとしています。
美しく暮らす秘訣をお聞きしたところ、奥様は「常に片付いていないとイヤなので、生活に必要ないものはすべて捨てます。そうやっていると、子どももちゃんと片付けてくれるんです」と教えてくださいました。要・不要を見分ける目が、家づくりにもライフスタイルにも大切なようです。

写真
写真

TOPへ