SDGsの取り組み

SDGs
  • 貧困をなくそう
  • 飢餓をゼロに
  • すべての人に健康と福祉を
  • 質の高い教育をみんなに
  • ジェンダー平等を実現しよう
  • 安全な水とトイレを世界中に
  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 人や国の不平等をなくそう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 海の豊かさを守ろう
  • 陸の豊かさも守ろう
  • 平和と公正をすべての人に
  • パートナーシップで目標を達成しよう

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは

Sustainable Development Goals の略で、持続可能な開発目標を示します。
2015 年の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための 2030 アジェンダ」に記載された国際的な目標です。
自然環境への負荷や格差拡大などの課題解決を目指し持続可能な世界を実現するため、
2030 年までに達成すべき 17 の目標を掲げています。
昭和住宅では SDGs の目指すものに賛同し、住宅や不動産事業を中心とした活動を通して
持続可能な社会の実現に貢献していきます。

家づくり・街づくりについて

断熱性が高く、良好な室内環境を維持できる家を提供することにより、ヒートショック事故を減少させ、人々の健康状態の維持、改善に貢献していきます。また、長期優良住宅や耐震性の高い家づくりを通して、災害に強く、長期にわたり住み続けられることで、建替えによる資源の利用効率を向上させていきます。

  • すべての人に健康と福祉を
  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を

地域貢献

昭和住宅では子育て支援の一環として 3 つの保育園のサポートや、社内の音楽ユニット「S.MUSE(エス ミューズ)」による地域文化活動への協賛、病院への設備品の寄贈など福祉活動にも積極的に取り組んでいます。

  • すべての人に健康と福祉を
  • 質の高い教育をみんなに
  • 住み続けられるまちづくりを
  • パートナーシップで目標を達成しよう

環境について

利用期を迎えた国内の森林資源の活用、脱炭素化から注目されている木造住宅ですが、昭和住宅では住宅だけでなく、店舗をじはじめ住宅以外の大型木造建築にも取り組んでいます。また、住宅の省エネルギー・再生可能エネルギー利用の推進は地球環境への負の影響を抑制すると共に建築物の運用コスト削減にもつながります。昭和住宅では積極的に展示場や稲美工場に太陽光発電を設置することで、エネルギーを再生し活用しています。

  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • つくる責任つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を

人権について

すべての人々の良好な生活基盤の提供に貢献するため、新規雇用や外国人技能実習生の受け入れをおこなっています。また、社内研修制度の充実や資格支援などすべての人が働きやすい環境づくりを行い、女性も活躍できる企業づくりに取り組んでいます。

  • 質の高い教育をみんなに
  • ジェンダー平等を実現しよう
  • 働きがいも経済成長も
  • 人や国の不平等をなくそう
  • パートナーシップで目標を達成しよう
お問い合わせ
お問い合わせ
0120-47-0050
営業時間/9時〜20時(水曜日定休日)