兵庫・大阪・岡山を中心とした新築一戸建て・注文住宅・分譲マンションなどの住まい情報|昭和住宅株式会社

大規模木造建築 大規模木造建築

昭和住宅の大規模木造建築

昭和住宅では、創業以来60年以上にわたって携わってきた木造建築の技術を生かし、教会や医院、店舗などの非住宅の木造建築も施工しております。

昭和住宅 稲美工場

また、木材の加工などをする自社のプレカット工場をもっています。
昭和住宅の稲美工場では構造材、羽柄材などを自社でプレカットしています。 プレカット工場においては全自動プレカット機等、最新鋭の機械設備を取り入れて、コンピューター制御によって次々と高精度な材木を生産。一括生産、加工を行うことでロスを極力少なくするだけでなく、工期を短縮、品質を均一化することにも成功しました。

木造で建てるメリット

建築コストが安い

木造はRC造や鉄骨造に比べて構造躯体そのものの材料費が安い上に、木材は鉄骨等に比べ軽量なので、基礎工事や地盤改良費等のコストも削減できます。また、工期が短いため現場の仮設費用や現場管理費も削減、建築費用のコストダウンにもつながります。
木造は材料もRCや鉄骨造に比べ軽量のため輸送コストも抑えられます。
木造は減価償却期間が鉄骨造より短く設定されており、年間の経費をより多く計上することができます。

人にやさしい

木は鉄骨やコンクリートに比べて周囲の熱を伝えにくい特性を持っており、木造は鉄骨造やRC造に比べ周囲の気温に影響されにくい快適な環境をつくります。
また、木は湿度が高くなると湿気を吸収し、乾燥すると湿気を吐き出すという優れた調湿機能もあります。
人は木の持つ香りや柔らかさなどに癒される効果もあり、木で建てるということは人にとってもやさしい効果があります。

img01

地球環境にやさしい

二酸化炭素を吸収し酸素を排出する木は、高齢になると二酸化炭素の吸収量が少なくなるため、計画的に伐採し、植樹していくことが必要です。
木材を利用し建築していくことは、自然サイクルに加担するということであり、二酸化炭素を削減する行為に大きな役割を担っています。

img01

大規模木造建築<非住宅>施工実例

インフォメーション
加古川バプテスト教会建築中
(2021年8月完成予定)

1階はカフェスペース、キッズルーム、ミーティングルームがあり、ゆったりとくつろいで過ごせる空間があり、2階は500人収容できる大空間の礼拝堂があります。 大空間を支える16mの張弦梁を使用した大規模木造建築です。

完成予想パース建築中