稲美工場

最新の技術と職人の技が結集し、はじめて一つの部材が生まれる。それが私たち「稲美工場」のこだわりです。

  • コンピュータを駆使した先進のテクノロジーによる製品づくりに加え、長年の経験とノウハウに裏打ちされた職人技の融合。昭和住宅の木材は、このふたつの秀逸の技術が合わさりはじめて誕生します。

    すべてはお客さまの快適な暮らしのために。
    さまざまな工夫を重ねています。

  • 稲美工場概要

    所在地
    兵庫県加古郡稲美町和田平見219
    敷地面積
    6,394.55(1,934.35坪)
    建物延面積
    5,982.27(1,809.63坪)
    事務所棟
    692.85(1,209.58坪)
    作業棟
    3,311.68(1,001.78坪)
    ストックヤード
    1,977.74(598.26坪)

TECHNOLOGY

先進の加工機の導入はもちろん、オペレーターの研修など、高精度の部材を安定して供給するためにさまざまな努力を行っています。

  • 横架材側面加工機

    CADで作成された加工データを基に梁・桁などの構造材を正確な長さにカットし、側面からの加工を自動で行ないます。

  • 横架材木口加工機

    継ぎ手(継なぎ部分)と仕口加工など、構造材の木口(木材の両端部分)の精度の高い加工を自動的に行います。

  • 柱加工機

    6mの通し柱から短い小屋束まで全ての柱のホゾ加工、中間加工を、CADデータに基づいて正確にこなします。

  • 造作材加工機

    敷居、鴨居、巾木、廻り縁などの造作材を4面同時に加工。刃物のセットを変えることで様々な曲面加工が可能になります。

昭和住宅のバックボーンとして、年間数百棟もの部材を常に高い品質で生産するために

  • 仕入れから施工まで自社一括で管理することで工期短縮とコストダウンを実現。

    多くのハウスメーカーが他社に任せてしまっている木材の仕入れから加工、施工まで一括して管理することで、余計なコストと時間を省力化でき、安定したローコストを実現します。
    また、お客さまの多様化するニーズに速やかに対応できるのも自社一括管理ならではの魅力でしょう。

  • 高精度の部材を安定供給。お客さまの暮らしの安全、快適を支えます。

    昭和住宅が自社一括管理にこだわるのはコストによるものだけではありません。木のぬくもりにこだわり、用途や目的に叶った性質を持つ木材を確かな目で選ぶことで、よりクオリティの高い木材を安定的に供給。
    また、その精度の高さから飛躍的な強度をも生み出し、長く安心して暮らしていただける住まいづくりを実現します。

私たちは永年の経験を活かしつつ、職人のわざと最新のテクノロジーを融合させ、より正確で高品質な部材を生産しています。

私たちはこれからもあらゆるご家族にご満足いただける住まいづくりを支えていきます。

生産性だけではなく、ISO取得や大型集塵機導入など、周辺環境への影響にも配慮しています。