長期優良住宅

    ■長期優良住宅って何?

    国土交通省が2009年6月4日に施工した「長期優良住宅促進法」に基づき、長期にわたって良好な住宅で使用できる一定の基準をクリアした住宅です。
    この法律は住宅に長く住み続けることで、建て替えの廃棄物を少なくし、「環境負荷の軽減」や「費用の負担を軽減」し、
    より豊かで優しい暮らしへの転換を図ることを目的としています。
    認定を受けた住宅に関しては一般住宅に比べ、有利な減税措置が講じられます。

    国土交通省が2009年6月4日に施工した「長期優良住宅促進法」に基づき、長期にわたって良好な住宅で使用できる一定の基準をクリアした住宅です。
    この法律は住宅に長く住み続けることで、建て替えの廃棄物を少なくし、「環境負荷の軽減」や「費用の負担を軽減」し、より豊かで優しい暮らしへの転換を図ることを目的としています。
    認定を受けた住宅に関しては一般住宅に比べ、有利な減税措置が講じられます。


    長期優良住宅メリット

    ■長期優良住宅に必要な条件

    長期優良住宅と認定されるためには、
    各性能項目の基準を満たすような
    設計計画及び一定の維持保全計画を
    策定して、行政庁の認定を受ける必要
    があります。

    長期優良住宅と認定されるためには、各性能項目の基準を満たすような設計計画及び一定の維持保全計画を策定して、行政庁の認定を受ける必要があります。

    長期優良住宅メリット

    ■長期優良住宅では様々な税金等の優遇が受けられます。

    ●住宅ローン減税の拡充(所得税・住民税より減税)

  • 長期優良住宅の住宅ローン減税の拡充
  • ●固定資産税の減税特例

    固定資産税の50%減税特例が5年間受けられます。
    固定資産税が50%減額される特例が、一般の住宅の場合は3年間ですが、長期優良住宅は5年間受けられます。

    固定資産税の50%減税特例が5年間受けられます。
    固定資産税が50%減額される特例が、一般の住宅の場合は3年間ですが、長期優良住宅は5年間受けられます。

    ●登録免許税・不動産取得税の軽減

  • 登録免許税・不動産取得税の軽減
  • ●投資型減税

    住宅ローン控除を利用しない人が現金で認定長期優良住宅を建築した場合、長期優良住宅の認定基準に適合するために必要となる標準的なかかり増し費用(最高650万円)の10%に相当する金額を、原則としてその年分の所得税額から控除されます。

    住宅ローン控除を利用しない人が現金で認定長期優良住宅を建築した場合、長期優良住宅の認定基準に適合するために必要となる標準的なかかり増し費用(最高650万円)の10%に相当する金額を、原則としてその年分の所得税額から控除されます。

    上記内容は経済・金融情勢や法改正などにより変更される場合がございます。

  • 長期優良住宅の基準をクリア
  •  住宅性能表示制度

    ■住宅性能表示制度って何?

    住宅の品質画の促進等に関する法律(品確法)に基づき、国土交通大臣の登録を受けた評価機関が住宅の性能を個別に審査する制度です。評価を行うのは第三者的な立場の機関に限られ、国が定めた共通の基準で客観的に評価します。
    設計段階と建設時に行う性能評価があります。新築の場合下記の10分野で評価されます。

    住宅の品質画の促進等に関する法律(品確法)に基づき、国土交通大臣の登録を受けた評価機関が住宅の性能を個別に審査する制度です。評価を行うのは第三者的な立場の機関に限られ、国が定めた共通の基準で客観的に評価します。
    設計段階と建設時に行う性能評価があります。新築の場合下記の10分野で評価されます。

  • 住宅性能表示制度
  • ■住宅性能表示制度のメリット

  • 住宅性能表示制度メリット
  •  マイホーム借上げ制度

    国土交通省が支援する一般財団法人移住・住みかえ支援機構(JTI)が運営する制度です。
    「マイホーム借上げ制度」は50歳以上の住み換えを希望する方の住宅を移住・住みかえ機構(JTI)が最長で終身にわたって借り上げて転貸し、安定した賃貸収入を保証する制度です。
    これにより自宅を売却することなく、住みかえや老後の資金として活用することができます。

    住宅の品質画の促進等に関する法律(品確法)に基づき、国土交通大臣の登録を受けた評価機関が住宅の性能を個別に審査する制度です。評価を行うのは第三者的な立場の機関に限られ、国が定めた共通の基準で客観的に評価します。
    設計段階と建設時に行う性能評価があります。新築の場合下記の10分野で評価されます。

  • JTI
  • JTIページへ

TOPへ

お問い合わせ・資料請求