兵庫・大阪・岡山を中心とした新築一戸建て・注文住宅・分譲マンションなどの住まい情報|昭和住宅株式会社

マイホームの知っ得コラム
カテゴリ

狭小住宅におすすめ!3階建て住宅の魅力とは?

近年は、土地の狭い都市部を中心に3階建て住宅の人気が高まっています。

この記事では、3階建て住宅を建てるメリット、費用相場の目安などをご紹介しましょう。

3階建て住宅を建てるメリット

住まいを縦長にする「3階建て住宅」を建てる様々なメリットを見ていきましょう。

開放感のある眺望

3階建て住宅に大きなバルコニーを設置すると、2階建てよりも開放感のある眺望に満足するでしょう。

3階部分に家族が集うリビングを設置すると、吹き抜けや天窓から明るい光と風を取り込むことができます。

特に都市部は住宅が密集しているため、3階建ての方が明るい住まい作りが実現するのです。

狭い土地を活用できる

3階建てのメリットは、狭い土地を有効活用できるため、駅チカなど立地条件が良い場所を選ぶことが可能です。
都市部では広い土地は購入するのは難しいですが、狭小地を購入して戸建てが欲しいという方に最適ではないでしょうか。
繁華街の近くの土地は狭くて地価が高いですが、一戸建てや2階建てよりも土地の選択肢が広くなります。

収納・趣味のスペースも確保できる

3階建てにすると2階建てよりもフロアが増えるため
住居スペースの他にもスペースを有効活用できます。

敷地の中に庭を設けたり、収納や趣味の部屋を設置したり、大きめの家具や家電も設置も自由自在。

バルコニーには家庭菜園やお子さんの遊び場を作る方も多く見られます。

ご家族それぞれの趣味に合わせて、書斎やシアタールーム、駐車スペースなども設置可能です。

店舗と住居を組み合わせた住まい作り

3階建て住宅は、1階は店舗や事務所にして、2階と3階は居住スペースにすることが可能です。

1階を仕事場にすれば、通勤時間の短縮となり、家族と一緒に過ごす時間も増えます。

その他にも、自分の住居スペースとは別に1階部分を賃貸住宅にすれば家賃収入を得ることも可能です。

親世帯と子世帯の人数に合わせて、1階を親世帯、2階と3階を子世帯にする2世帯住宅として使う場合にも有効です。

3階建て住宅の費用相場

3階建て注文住宅における坪単価の相場は業者によって異なりますが、
相場は70万円~100万円です。

一坪当たりにかかる住宅の建築費用の算出方法に規定はなく、建物の建築費用・設備も含まれた金額の場合もあります。

坪単価の表示額は住宅メーカーによって異なり、木造住宅か鉄筋住宅のどちらで建てるかによっても違います。

3階建て住宅のトータル費用は敷地面積や坪単価、間取りを住宅メーカーに相談しましょう。

まとめ

3階建ての注文住宅の場合は、狭い土地でも居住スペースを広く確保できるのがメリットです。
土地の面積が少なくても広いスペースを有効活用して、建築費用を抑えることが可能といえます。
以上のことから、狭小住宅を建てる場合は、3階建てがオススメです。


Warning: require_once(../../lib/include/all.html) [function.require-once]: failed to open stream: No such file or directory in /home/showajutaku/showa-jutaku.co.jp/public_html/column/wp-content/themes/new_showa-jutaku-column/footer.php on line 10

Fatal error: require_once() [function.require]: Failed opening required '../../lib/include/all.html' (include_path='.:/opt/php-5.3.3/data/pear:/opt/php-5.3.3/data/php') in /home/showajutaku/showa-jutaku.co.jp/public_html/column/wp-content/themes/new_showa-jutaku-column/footer.php on line 10